第1章  総   則

第 1 条   本支部は、中日写真協会(以下「本協会」という)岡崎支部(以下「支部」という)と称し、

事務所を中日新聞岡崎支局内に置く。

第 2 条   支部は、岡崎市内と近郊の居住者、在勤者によって構成され、性別は問わない。 

第 2 章  目的及び事業

第 3 条   支部は、写真技術の向上と同好者の普及及び会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第 4 条  支部は、第3条の目的を達成するため次の事業を行う。

各種撮影会

会員の作品展覧会

写真に関する研究・講習会

その他必要事項

第 3 章  加入及び脱退

第 5 条  第3条の目的に賛同し、第2条に定められた資格のある者は、支部会員になることができる。

第 6 条  支部会員になるためには、次の手続きをしなければならない。

2 所定の申込書に必要な事柄を記入し、入会金と会費1年分を添えて申し込まなければならない。申込者が申込書を提出することにより、本協会及び支部の規約その他すべての定めに従うことを約束したものとみなす。

3 前項の手続きを行い支部長の承認を得て本協会事務局から会員証と会員バッジの交付を受けた時(原則として)から会員になる。

第 7 条  支部員が支部を退会することは自由だが、その場合は会員証と会員バッジを支部長に返却し

なければならない。

2 支部長は、預かった会員証と会員バッジを速やかに本協会事務局に返却しなければならない。

第 4 章  役   員

第 8 条  支部に次の役員を置く。

支部長 1名、副支部長 若干名、会計委員 若干名、会計監事 若干名、書記委員 若干名、

事務長 若干名、常任委員 若千名、支部委員 若干名

2 支部の必要に応じて、顧問、名誉顧問及び参与を若干名置くことができる。

第 9 条  役員の任期は、1年で再選を妨げない。

第10条 支部役員は、他の写真団体の役員、委員などに就任したり、委嘱されたりすることはでき

ない。 ただし、本部理事会の承認を得た場合はこの限りではではない。

第11条 支部長は支部総会で選出し、支部の会議を取り仕切る。支部長は支部の代表者として支部運

営上のすべての責任を負う。

第12条 副支部長は支部長が推選し、支部総会で承認して決定する。副支部長は支部長を補佐すると

ともに、支部長が不在の時はその職務を代行する。

第13条  事務長は支部長が推薦し、支部総会で承認して決定する。事務長は、事務全般を担当し

支部長を補佐する。

第14条  会計委員は支部総会で選出し、支部の会計全般を担当する。

第15条  会計監事は支部総会で選出し、支部の会計監査を行う。

第16条  書記委員は支部総会で選出し、支部の受賞、支部行事、写真等の記録、支部会員の入会、

脱会の管理、会員名簿の作成を担当する。

第17条  支部常任委員は原則として支部長退任者を支部総会で選出し、支部長を補佐すると共に、

必要に応じ顧問の補佐をする。

第18条 支部委員は支部総会で選出し、支部の業務や諸事業を審議決定、運営する責任を負う。

第19条  顧問は支部役員が推選し、支部総会で決定する。但し、顧問は中日新聞岡崎支局長および

支部出身の本協会理事、審査委員、鑑査委員、常任委員及び委員が支部役員で無い場合は顧問となる。本協会役員の顧問は月例会及び事業全般に出席し、月例会で審査・指導・写真技術の向上を図ると共に本協会との連絡を密にする責任を有する。

第20条  支部活動に長期間にわたり貢献した会員を名誉会員とすることが出来る。なお、名誉会員は

支部役員会で推薦し、支部総会で決定する。

第 5 章  機    関

第21条  支部に次の機関を設ける。
支部総会
支部役員会

第22条  支部総会は支部会員全員で構成し、毎年年度終了後2か月以内に支部長が召集して開く。

支部総会では事業及び会計報告、役員改選などを行う。

     2 支部総会の決議が必要な重要事項であって、定期の総会まで待てない事案が生じた場合、

役員会の承認を得て、支部長が臨時に支部総会を招集することができる。

3 総会は構成員の3分の2以上(委任状を含む)の出席で成立する。議事は出席者(委任状

含まず)の過半数を持って成立する。 

第23条 支部役員会は支部長、副支部長、事務長、会計委員、会計監事、書記委員、支部委員、顧問

で構成し、必要に応じて支部長が召集する。支部役員会では支部に関わる諸問題を審議決定する。

2 支部役員会は構成員の3分の2以上の出席で成立し、議事は出席者の過半数で可決する。

第 6 章  会    計

第24条 支部の財政は、支部会費及び本協会支部補助金並びに寄付金で賄う。但し、寄付金を受

ける時は役員会の承認を受け、その後、会員に報告しなければならない。

2 本協会へ会費を納入する際に、本協会支部補助金交付額を相殺することができる。但し、

収支決算報告書には、本協会支部補助金交付額を編入し記載しなければならない。

第25条 支部の会計年度は毎年1月1日から1231日とする。但し、支部の運営上会計年度を、

毎年4月1日から翌年3月31日とすることもできる。

2 会計報告は支部総会で会計委員及び会計監事が行い、予算を明示して総会の承認を得な

ければならない。
3 前2項で承認を得た会計報告書は、総会終了後速やかに本協会事務局へ提出しなければ

ならない。

第26条 入会金及び会費は別紙「附則」に定める。尚、支部の会費は分納することができる。

但し、納入された会費は返却しない。

第 7 章  諸  報  告

第27条 支部から本協会への諸申請書及び派遣願並びに諸報告書は支部長が責任をもって行わなけ

ればならない。その書類の認印は支部長、本協会役員が押印し、中日新聞岡崎支局を経由して本協会事務局へ速やかに提出しなければならない。

第28条 上記の諸報告等は3部作成し、1部を本協会に送り,1部は支部長が保管しなければなら

ない。また1部を中日新聞岡崎支局長に提出する。

29条 支部長が交代する場合、保管する諸報告書等書類及びその他支部書類並びに財産などとともに、新支部長に申し送らなければならない。

第 8 章  そ の 他

第30条 支部会員は本協会会員規則第3条の服務及び禁止事項を遵守し中日新聞社、中日写真協会、本部委員支部、支部役員、会員等をみだりに批判したり中傷してはいけない。万一著しく反した場合は役員会にはかり過半数の賛成で除名処分とする事が出来る。また再入会は認めない。

第31条 支部会員で本協会及び支部の体面を汚す行為のあった時は、本協会会員規則第3条6項を適用する。

第32条 支部主催の各種撮影会の作品審査は本協会理事、審査委員が担当するのを原則とするが、委員長と協議して指名された本協会役員で行うことができる。但し、本協会以外の審査員に依頼することはできない。

第33条 本協会支部名で他の写真団体に加入することはできない。但し、本協会理事会の承認を得た場合はこの限りではない。

第34条 この規約の改正は、支部総会に諮り決定し、本協会理事会の承認を得なければならない。

但し、別紙「附則」の改正は、支部役員会の承認で変更できる。

第35条 この規約に定めのないことは、別紙「附則」で定めるほかは本協会規約に準じる。

 

2021年1月23日全面改正する

2021328日附則31項(2)の入選及び佳作の点数を訂正(役員会で確認)  

 

 

 

 

 





附則 

この附則は「中日写真協会岡崎支部規約」に定められた別紙「附則」である。

附則1条   入会金及び会費の規則

支部規約第52項に定める入会金および会費は、入会金1,000円(支部700円、本部300円)

6,000円(本部年会費3,700円、支部活動費2,300円)とする。

家族会員は、4,500円(本部年会費3,000円、支部活動費1,500円)とする。又、9月以降に入会した者の会費は、入会金1,000円、年会費4,000円(本部年会費2,000円、支部活動費2,000円)、同じく家族会員は、3,000円(本部年会費1,600円、支部活動費1,400円)とする。  

 

附則 2 条 書類および備品類等の保存に関する規則

支部保管の書類、備品についての扱いを原則として次のように定める。

(1)  会計報告並びに支部報告書類等の文書における保管は会計帳簿は7年間、報告書類などは5年間保管し管理する。尚、電子的媒体での保管期間はいずれも10年間とする。

(2)  撮影会などの優秀作品データは電子的媒体で10年間とする。

(3)  備品は備品台帳を作り、支部長が保管し支部長交代時に引き継ぐ。不用品は役員会にはかり処分する。

 

附則 3 条   表 彰 規 定

1.    月例会・写真展・撮影会の部

月例会、写真展、撮影会の得点と年度賞の規定は以下に定める。

 

(1)月例会の部

・自由の部

    毎月の例会において審査し、1~10席に次の得点を与え1~3席を表彰する。 

順位

1席

2席

3席

4

5

6席

7席

8席

9席

10

得点

10

9

8

7

6

5

4

3

2

1

    毎月の例会1席には持ち回りトロフィーを授与し表彰する。

    ③1席の作品は、年度末まで保管し、月例会優秀賞の対象とする。

 ・課題の部

    課題作品については審査し、1~5席に次の得点を与える。

順位

1席

2席

3席

4

5

得点

5点

4点

3点

2点

1点

ただし、応募点数が10点以下の場合は3席までとする

 

(2)写真展・撮影会の部

  ①本部または支部主催作品展・撮影会の成績により、それぞれ次の得点を与える。

  ・写真展 4大写真展及び本部主催の写真展)

  中日写真展・中日サロン展 

順位

1

(大賞)

2

(秀位賞)

3

(優位賞)

4

(良位賞)

入選

佳作

得点

15

12

10

4

2

  支部写真展 

順位

金賞

銀賞

銅賞

入選

得点

10

 

・撮影会 (本部主催・支部主催)

順位

推薦

特選

準特選

特別賞

入選

佳作

得点

2

1

 

 

 

    1~12月の発表結果を集計し、年度賞の対象とする。

    岡崎支部主催の推薦作品をキャビネ判で保管する。(受賞者提出)

 

2.年度賞の部

(1)月例会の部 年度賞

1月~12月の例会の得点を集計し、自由の部は上位5位迄、課題の部は上位3位迄を支部総会

において表彰する。

(2)写真展・撮影会の部 年度賞

   本部または支部主催の写真展・撮影会の年間得点を集計し、上位3位迄を支部総会において表彰する。(1~12月までに新聞等で発表されたもの)

(3)月例会優秀作品賞

1月~12月の例会1席の作品を再審査のうえ、上位3名を支部総会において表彰する。

(4)新人賞

当年度に入会し、月例会又は、写真展・撮影会等で優秀な成績をあげた者を、役員会で審議決定し、支部総会において表彰する。

但し、対象者が3人未満の場合や秀でた成績を挙げた者がいない場合は表彰対象としない。